blog index

竹馬屋(今日の俳句)

「今日の俳句」を改めました。April 2016
俳句関連のつぶやきのプログになります。
<< 嬬恋 | main | 竹酔日  >>
一夜酒
一夜酒(ひとよざけ)
甘酒には麹とお米を使って造る「麹甘酒(こうじあまざけ)」と、酒粕を湯水に溶いて作る「酒粕甘酒(さけかすあまざけ)」がある。酒粕と砂糖などを使って造る酒粕甘酒は、酒粕の中にアルコールがたっぷり含まれているから、当然お酒の味が強くなる。しかし本来の麹甘酒は、炊いたご飯に麹とお湯を混ぜ、ひと晩暖かい場所におくとできあがる甘い飲み物で、ひと晩出来ることから「一夜酒」という。酒という字が付いているが、アルコールは一切含まれていない。甘酒は一般的に冬の飲み物だと思われがちだが、歳時記では、甘酒は夏の季語になっている。古文書『守貞漫稿(もりさだまんこう)』の「甘酒売り」の項に、「江戸京坂では夏になると街に甘酒売りが多く出てきて甘酒を売っている。一杯四文である」としるされている。江戸時代は、夏の死亡率が一年中で一番高く、病人や老人、子供を始め、大人でも仕事などで無理が続くと暑さで体力が一気に低下し、亡くなる人が多かったようで、栄養たっぷりの甘酒は体力回復に非常に効き目があり、夏の必需品として人気が高まり、夏の風物詩になったようだ。

(「守貞漫稿」には、おおよそ、「夏の間に売り歩くのは、甘酒売り。 京、大阪は、夏の夜にだけ甘酒1杯6文で売っている。 江戸では、甘酒1杯8文で1年中売っている。 京、大阪も江戸とも売り方は、変わらない。ただ、甘酒の釜は、江戸では、真鍮釜を用いる。 釜は、担ぐ箱の上に置く。京、大阪は、鉄釜を使う。 江戸とは、違い、釜は、箱の中に置く。江戸も鉄釜を使う甘酒売りもいて、その場合は、京、大阪と同じで箱の中に釜を置く。」とある。)


 御仏に昼供へけり一夜酒 蕪村
 舟あつし船頭見えず一夜酒 正岡子規
 あんどんは客の書きけり一夜酒 正岡子規
 日盛りの柱にもたれ一夜酒 鈴木鷹夫
 芝居はね横丁に酌む一夜酒 飯泉善一郎
 飲みごろの熱さを味の一夜酒 鷹羽狩行


一夜といえば、「一夜草(ひとよぐさ)」がある。こちらは春の季語。
春の野にすみれ摘みにと来し我ぞ野をなつかしみ一夜寝にける(山部赤人『万葉集』)
この和歌から、「菫」は、『一夜草』と呼ばれるようになったようだ。
「月見草」や「待宵草(まつよいぐさ)」などのように、夜、咲いて、朝にはしぼんでしまう花を、「一夜花(ひとよばな)」というが、「菫」の場合は、そうではない。立ち去ることができず、一夜を過ごしてしまうほど、いとおしい花だということなのだ。ゆかしい紫の花びらと、飾り気のない姿。うつむき加減に恥らう素直な様子が、人々の足を、止めてしまうのでしょう。じつは、「菫」には、「二夜草(ふたよぐさ)」という異称もある。一夜、また一夜と重ねて、さらに愛情を深めていったのだ。今でも、心から愛され続けている花だ。

 一夜草夢さましつついにしへの花と思へばけふも摘むらん (蔵玉集)
 馬齢とて齢の中や一夜草 西村半石
 菫ほどな小さき人 に生まれたし 夏目漱石
 
| 竹馬屋 | | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://haiku.sankouan.sub.jp/trackback/1246
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ